犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死の病原体プリオン
20081109102239

これはBSE騒動の元となったクロイツフェルト=ヤコブ病の原因を探るノンフィクションである。ガイデュシェックのニューギニアの食人風習とこの病原体の話から始まる。脳がスッポンジと化す奇病が今後も続くであろうと言う見通しなど怖ろしい話ばかりである。プリオンという命名したフルシナーの業績を否定する見解も、翻訳標題と違って面白い。ガイデュシェックはこの伝染系統を成核剤感染によるモデルからヒントにして考えていることは重要であると思われる。感染性スポンジ状脳症と呼ぶこの病気が今後どうなるか、移植や食品汚染など人間をとりまくすべての現象として注意されなければならない。
久しぶりに本を読む。bookofで昨日の往診の帰りに買って286ページが一気に読めた。パソコンばかりで過ごしてきたが矢張り本の方が面白い。
<ミッテゴラン・ランキング>☆☆☆
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.