犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都国立博物館
200801211256372
20080121125637

八千代に行く前に京都国立博物館にいく。憧れのヨーロッパ陶磁は日本や中国の影響下にヨーロッパ磁器が発展するようすがわかった。<ミッテゴラン・ランキング>☆
また平常展示で新春特別陳列をしていた。社寺伝来の名刀は刀の興味のある人には、いいかも知れない。
仏師清水隆慶の展覧にドクロがありこれにツボが彫られていたので興味があった。その副題に老いらくのてんごうとあり、てんごうという言葉がもう使われなくなった京言葉であるのに気付くまで少し時間がかかった。家の田舎ではてんごと言って、うが付かない発音であるが、ワガママもしくはいたずらの意味である。<ミッテゴラン・ランキング>☆☆
若冲の小特集もあったが、これは申しわけ程度であった。<ミッテゴラン・ランキング>☆
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.