犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南禅寺の八千代
CIMG0003.jpg
CIMG0005.jpg
CIMG0007.jpg
CIMG0009.jpg
CIMG0010.jpg
CIMG0011.jpg
CIMG0012.jpg
CIMG0013.jpg
CIMG0014.jpg

静岡の友人夫妻と南禅寺の八千代に食事に行く。味つけは美味しかった。ただ全体的に最近の京料理は味が濃くなっているように思えた。玉子豆腐のわんだねの汁がそうであったので・・。
筍の煮物の海老芋の味つけが非常に良かった。枡盛りの茹で海老に雲丹が挟んであって新しい味わいに感じた。おつくりの鯛が天然物であったのがさすが美味しいと思って満足した。鰆の西京焼きの牛蒡のつけ合わせもちょっぴり漬け物風でよかった。とくに担当の仲居さんのサービスが一番良かった。客あしらいが自然で会話も楽しく、本当に仕事を楽しんでいる風で、僕達みんなが感心してしまった。京都の料亭の仲居さんというといいお茶わんや調度品を持って帰られないかと監視するようで嫌みな人が多いのですが、この担当さんはいい人でした。
その後南禅寺と永観堂にも行くが寒かった。さすが観光客も少ない。
游游おじさんさん<ミッテゴラン・ランキング>☆☆<クッテゴラン・ランキング>☆
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.