犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏人万歳
200709240032106
200709240032104
200709240032102
20070924003210
朝に思いつきで神戸三田のアウトレットに出かける。全くの山の中に忽然とアウトレットが現れる。隣は巨大なスーパーマーケットイオンである。
このような途方もないショップセンターが来客で満員になっていることは、この国がまだまだ豊かな証しである。でも少し考えてみると、ここに出かけてきた人たちはブランド品を少しでも安く買いたいと思っている貧乏人たちである。貧乏人が見栄のためにわあわあ言って集まっているのである。
ある人の説によれば、Gucciとかエルメスとかのブランドの商品はにわか成金のユニクロらしい。本当の金持ちは、そんじょそこらの知られたブランドに熱中するものではないらしい。彼らは世界に一つのものを手に入れるからと言うことである。
僕的には、この貧乏人の浅ましさが楽しい。日本人のほとんどがそんな人達で、自分もそのような人間の一人であることに誇りさえ感じる。日本人とは、そんな中間階級の人たちが頑張ってきたのだと思う。僕自身はブランドとかに興味は無いのだけれども、同じ形のスノッブさを持っているので楽しいのかもしれない。
帰りにコストコに寄った。ここも頼もしい貧乏人たちの溜まり場である。そこで中国の兵馬ようの人形が売っていた。光がついていて楽しくなった。だれがこんなものを買うのだろう。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.