犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩のいい人
20070525125638

先日、アサヒビール大山崎山荘美術館の川上澄生展に行ったときに、裏の宝積寺にいった。この寺には閻魔大王がありその像を見学した。この像と一緒に展示されている倶生神をみて、肩がいいという言葉をの謂れを、案内の事務員に説明したがどうもわからないようであった。その後診療室で若いスタッフに聞いても誰もわからなかった。今日では肩がいいのは野球の外野選手であるらしい。肩がいい、いわれは倶生神が肩にいるからであるということも当然わからない。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.