犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋印刷史研究
200701180121014
200701180121012
20070118012101
禿氏祐祥氏の東洋印刷史研究を読み終わった。この著者は、僕の恩師の先生である。印刷術は中国で発明されたものであるがその素因にインドの摺り仏と書道の拓本が関係有ると述べている。印刷された仏典によって印刷術の発展がもたらされたということである。
人間の脳のデーターベースが紙の上に文字として取りだされ、それが他の人々の脳にアクセスされるのである。古代の人々の脳にアクセスできるUSBやハードデスクが書物である。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.