犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空也上人と恵心僧都
20060120203605
夜、患者宅で往診の間にグラフ誌を一冊読む。空也上人と恵心僧都は平安時代に浄土教を確立した人である。空也上人は、あの南無阿彌陀佛が口から出た像で有名である。あの像の写真を眺めているとわらじの結び方が昔から変わらないことがわかった。浄土思想が平安時代に始まったわけではなく、奈良時代には教信沙彌がすでに南無阿弥陀仏と唱えていたので浄土教の思想は早くから知られていた。教信沙彌は日本最初の念仏行者だった。この教信の説話は親鸞も感動したらしい。巡礼の途中で訪ねた播磨の教信寺はいい寺だった。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.