犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青山二郎の眼
200609241300422
20060924130042

青山二郎の美意識をたどる展覧会である。彼が最近有名になってきたのは、柳宗とともに民芸運動の設立に参画したことにあるのではない。彼の鑑識眼を高く評価しその美意識が普遍性を持つことによるのだと思う。青山二郎に骨董を習った小林秀雄は、評論家として青山より有名であるが、青山の評価が高まるにつれ、総体的に評価はさがると思う。何故なら同時代性の評論は現代性を持つが、必ずしも普遍性を持ち得ない。青山の評論はたぶん、柳の信仰とともに今後大きく評価されるものであると考えられる。柳と青山には普遍性があるのである。当然、柳の民芸運動はもっと高い評価を与えられなければならない。千利休を超える美の思想家は、柳宗である。
白洲正子の評価はどうなるのだろう。民芸の持つ価値をどのように評価するか。白洲は民芸だけでなく仏像など多くのものを再発見して評価してきた。その点は非常に評価できるとしてもその視点が普遍性を持つかどうかわからない。
民芸運動者は多い。河井寛次郎、富本憲吉、濱田庄司、バーナードリーチ、北大路魯山人、棟方志功、芹澤圭介、加藤唐九郎これらのひとで誰が本物で誰が贋物か、時間が過ぎて評価が定まってきた。そこでは青山がしてきた評価を再び見れば、彼の眼の正しさが証明されるであろう。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.