犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありし日の江若鉄道
200609031733342
20060903173334
20060903173333
懐かしい鉄道です!湖西の人々にとって思い出深い展覧会でした。僕などはこれで中学高校と利用したし、バスになっても利用していた。僕は現在もこの江若鉄道のなれのはて、江若交通の株主でもある。田舎の木戸駅から乗ると40分ほどで浜大津に着く。ここは都会の入口で京への道筋だった。田舎の人は京都と言わないで京という。ここで京阪電車か国鉄に乗りかえると京都大阪に行けるのである。二両編成でガタコウガタコウと、ジーゼルカーが走っていく。
この展覧会の9月3日までだった。朝から弟子の結婚の御祝いや親戚の御祝い、友だちの家二軒の訪問などして博物館に着いたのは4時半だった。五時まで半時間しかなかった。もっと見ていたかった。でも観客は思い出で一杯のためかたくさんの人だった。お別れ列車で、従妹が幼稚園の頃の写真まで発見して嬉しかった。
人間の記憶というのはあてにならないとまた知らされて、ああだった、こうだったと思うことが写真を見ると異なっていたりして、とうとうボケがまわったかと思いしらされた。ああ!!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.