犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美のかけはし
20060804121516
夏休みになると少し時間ができて、京都国立博物館に出かけた。「美のかけはし」という展示をしていた。内容は京都国立博物館の開館110年記念ということで名宝を中心として、東山界隈の美術品を集めている。以前に見学した国宝も多かったが、とくにこの博物館の外壁に飾られている石造の木製模型「伎芸天」が面白い。辻が花の染め物もよかった。雪舟の「天橋立図」、「釈迦金棺出現図」「風神雷神図屏風」などは定番である。「宝誌和尚立像」はいつ見ても感動する。何げない虫食いの仏像だが印象深い。この展示はいつもの混雑がなくてゆっくりと見ることができた。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.