犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たぬき
20060118124807
<たぬきうどん考>
大阪と京都は文化がちがう。東京の人には関西というひとまとめであるが、この違いは東京と京都以上に大きい。このことを理解しない人が多くて、あきれる発言が連続することが多い。
たぬきうどんは、地方によって化けるうどんである。京都と大阪の一番の違いはたぬきうどんと女性の陰部の呼称である。東京のたぬきうどんは天かすがのっている。当然たぬきそばもある。天かすがのっているうどんは大阪ではハイカラうどんと呼ぶ。しかし大阪では、たぬきうどんは存在しない。大阪のたぬきは、きつねそばである。そのためにきつねそばがない。京都ではきつねうどんもたぬきうどんもたぬきそばもきつねそばもある。京都できつねを頼むとそばもうどんも、お揚げがのってくる。たぬきは、お揚げがのって九条葱がはいったあんかけである。その上にはおろし生姜がのってくる。(写真参照)このたぬきは、そばでもうどんでもできる。東京で京風うどんととかあって、たぬきのうどんがお揚げ入りのあんかけで出てこないところは偽物である。付け足すなら京都のうどんは、九条葱の斜め切りで、刻み葱では正しくない。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.