犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棟方志功の板極道。この本は、京都駅の伊勢丹で棟方志功の展覧会で買ったのです。

伊勢丹で棟方志功さんの肉筆画を見て彼の魅力を再認識して、前に読んだ本だけどまあもう一度読むのもいいかと思って買ったのです。ぱらぱらと見た時には、昔読んだと思っていたのですが、これが間違いで読んでないのです。いや、読んだかもしれないが、完全に忘れているのかもしれないのです。どちらがどちらなのかわからないのですが、読んで感動しました。一気呵成に読み終わりました。彼の版画と絵に対する情熱がそこかしこに感じられます。棟方志功の本は何冊か読んだはずなのに今は何も思い出せません。最近記憶がマダラになっています?どうしょう?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.