犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳田國男全集Ⅱ、妹の力、巫女考、毛坊主考。


柳田國男全集、妹の力、巫女考、毛坊主考。妹の力は昔読んだのに忘れております。日本の底辺部の放浪する人々、女性の呪術的能力を高く評価した本です。また今日差別用語となっている言葉もその根源を探っていくと深い意味を持つことを教えています。
女性を治療して、女性には男に及ばない霊的な能力があるような気がします。その力が現代女性は弱くなっているのではないでしょうか。神と人をつなぐ能力は女性なら誰でも持っている気がします。そのような能力の現れが気分のムラになって表現されるのだと思います。現代ではうつ病や不眠症、自律神経失調症などの病名がついてしまい、神との交信をする力を気づかないまま過ごしている気がするのです。自分に神が現れることもあるのだと思うとまた新しい心の文化が開けるのかも知れません。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.