犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン飯盒2(ブッシュクラフト)
bush015.jpg
袋に米を入れて熱湯に入れる。
bush005.jpg
30分で出来上がり。
bush007.jpg
ご飯をうます(蒸らす)。
bush011.jpg
袋を切り開く。
bush017.jpg
炊けたご飯。

先に上げた緊急時の袋でご飯を炊く方法を使って、ご飯を炊いた。スウェーデン飯盒は快調である。ただ50ccのアルコールでは15分ほどしか持たいないので、燃料の補給が必要だった。飯盒でご飯を炊いていると後で調理ができないので、この方法だと同じ湯でご飯が炊けて、その湯を使っても調理ができる。湯が無駄にならない。
すぐではご飯は炊けているのだが、すこしべちゃべちゃなカンジがするので、うます(蒸らす)必要がある。普通は、災害時には発泡樹脂の箱を持ちいよとあるので、ペットボトルの保温バックでしてみた。15分ほどして、皿に開けると普通のご飯ができている。このペットボトルの袋を用いると2時間ほどは温かいご飯を維持できる。この袋御飯炊は4回目である。だんだんコツがわかってきた。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.