犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今政治がすべきこと
東日本大震災のことがどんどん過去の事になっています。もう電気のことも原発のこともすべて自分かってな都合主義で論じられているのです。菅さんはやめないし、やめさせることもできない。こんなだらだらした政治体制で、震災が過去のことになっていくのは、いけないことです。
被災者がこの夏を安心して乗り越えるにはどうすべきか。原発の避難民はどうしてそんなことになったのか。やめた東電の社長は責任をとらないのか。財産をすべてさし出して避難民を救済すべきではないのだろうか。中国の例を出してはだめかもしれないが、中国なら死刑だよ。
上杉鷹山は家老に改革の同意をさせるために、改革の同意をしない家老二人に切腹とお家断絶を命じているのです。政治をするものはそこまで責任があるのです。嫁さんの言いなりの首相など論外です。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.