犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学童疎開は誰のためか
学童疎開は誰のためかも、わからなくなっている。僕は早い時期から学童疎開の必要性を叫んできた、しかし、福島の校庭の放射能量がどうであるとか。何ミリまでなら許されるとかの議論はまったくナンセンスな議論である。すでに述べたように子供には一粒足りとも放射性物質を吸わさないという取り組みが大切なのである。
学童疎開は日本の国家のためなのです。人類のためなのです。
学童だけではありません。乳幼児や妊婦などは最優先すべきなのです。計画的避難区域のバスに今になってバスに乗っておられる妊婦や学童がいました。この対応がこの国の教育政策や原子力政策であるなら、人々はこの国を捨てる覚悟でなければなりません。
放射性物質は削るか埋めるしかないのです。穴を掘ってそこに埋める方法を提言しましたが、まだまだ計画がないようです。一体誰が震災について責任をもつ立場に立つのでしょうか。リーダーシップの無さを嘆いていては始まりません。国がなくなろうとしているのですから。このリーダーシップのない隙間にK国やR国は国土を狙ってきています。北方領土の勝手な蹂躙を許しているのは、この国の混乱に乗じているのです。国土を守るべき自衛隊を災害復旧だけに使っているのですから国を守れるはずがありません。災害復旧に日本中の大学から奉仕団を募集すればいいのです。若者に愛国心を求めるために国歌斉唱や国旗掲揚をする必要はありません。彼らを震災地に派遣すればどれだけ愛国心の高揚になるかすぐにわかります。大学が危険だからと学生のボランティアを制限しているなどは全くの論外です。ボランティアに参加すれば単位が充足されるようにすれば、誰でも参加します。僕のような老いぼれでもささやかな活動ができたのですから、若者はもっと活躍できるでしょう。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.