犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発から40キロの土壌、高濃度セシウム 半減期30年 >これで安全なの?
さっき、ニュースを見たら以下の記事が載っていた。
これって本当に安全なのかな?すでに言っていますが、大地が汚されると取り返しが付かないんです。
土壌改善などしても住む人には、どこでも同じ状況が続きますので大変危険なわけです。
避難しかないのにどうして避難しないのだろうか。内部被曝を防ぐ方法は放射性物質から逃れるしか方法はないのです。>+>東京都は案じていた水まで汚染されたらしい。

恐ろしいニュースは以下。
>>>>>>>
原発から40キロの土壌、高濃度セシウム 半減期30年

2011年3月23日12時22分
文部科学省は23日、福島第一原発から約40キロ離れた福島県飯舘村の土壌から、高濃度のセシウム137が検出されたと発表した。単純比較はできないが、国が定めた放射線管理区域の基準値の4倍に相当する。半減期が8日と短い、放射性ヨウ素の値も、約30倍の値だった。今後、土壌の入れ替えが必要になる可能性も出てきた。

 同省によると、20日午後0時40分に飯舘村で採った土1キロあたりから、セシウムが16万3千ベクレル、ヨウ素が117万ベクレル検出された。19日午前11時40分に同じ場所から採った土と比べ、セシウムで約6倍、ヨウ素で約4倍高くなった。

 このほか、約45キロ離れた川俣町で19日に採った土からセシウム8690ベクレル、ヨウ素8万5400ベクレル、約25キロ離れた南相馬市でもセシウム4040ベクレル、ヨウ素3万5800ベクレルを検出した。

 ヨウ素の半減期は8日間と短いが、セシウム137は約30年間にわたる。長期間、土壌が汚染されることにより、人体や農作物などに影響が出る可能性がある。

 放射線管理区域の基準値は1平方メートルあたり4万ベクレル。
>>>>>>>
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.