犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長島

日本経済のために消費が必要とか?頑張って、ないお金を使います?
スポンサーサイト

まかない

昼飯まかない。塩鯖のあんかけ、ワカメ揚げ味噌汁です。


危機管理における中国人の知恵
中国人が大量に日本から帰国した。彼らの多くは新華僑と呼ばれる近年来日した人たちである。多くは青年で留学やその後の滞在で日本に生活の基盤をつくりつつある人達である。彼らが帰国した理由は、放射能などの危険を避けるためであり、その多くが家族の強い要望によるものと伝えられている。背景には中国の一人っ子政策があり、一人しかいない息子や娘になにかあっては困るという家族の要望からである。
中国人は基本的には国家というものを信じていない。これまでなんども国家が滅亡してその混乱で犠牲になるのは人々であった。彼らは家族や宗族(親戚のグループ)のみが信頼できるものであって、その他の組織や政治的な呼びかけは一番信頼できないものと考えている。家族の一番の危機管理方法は、家族の一人を必ず外国で生活さすという方法である。もし中国で政治的な混乱が起こったら、海外にいる家族が彼らを助けるのである。ある時にはお金で、ある時は亡命という形で、家族や親戚を対象として援助が行われるのである。そのネットワークは強力でどこにいても彼らは結合してる。現代のインターネットの社会なって、中国政府が情報操作をしても彼らのネットワークはなんら変化なく強力な情報社会を共有している。世界中でなにか起こればすぐにこの情報ネットワークは活動を高めてすべて情報を共有するのである。
それに比べて日本人は政府の言うことを間違いのないことのように信用するのである。今回の震災で出される情報がまったく信用に当たらないことは、多くのニュースで明らかになっている。特に福島原発の事故情報はまったく信用できない。また多くの報道機関が政府の情報を間違いのない情報として報道することに疑問も感じない。報道は客観的に正しい情報を提供すべきなのに政府に批判的情報は出さないという操作が行われている。
これは国民性ということかも知れないが、ひとつの方法として小松左京の『日本沈没』の方法が参考になると思う。日本人は海外移住と云って帰ってくることを前提に成り立っている。そうではなくて海外に日本を作るという考えで海外移住をするのである。こんなことは難しいのだが、日本人町を世界中につくるのである。この国を捨てるわけでなく、日本を世界に広げるのである。個人ではまずこのような事はむりであるので、日本人が大好きな会社人間を家族まとめて海外工場に住まわすのである。それも数家族という規模でなくて何百家族という人間を移住させて、そこで現地の人と生活をして帰ってこない社会を作るという計画である。むかし山田長政がタイで活躍したように日本人町を世界につくるのである。三陸海岸の漁師さんたちを家族ごと海外に移住してそこで日本人と現地の人とで漁業をするのである。日本に帰らないで現地で生活を作るつもりで援助をするのである。南米などのように日本人社会が確立しているところでは受け入れてもらえるのではないだろうか。現代の南米移民である。そうでもしないとこの国の未来はない気がする。

辞めって当たり前の東電社長>菅さんも
東電の社長が辞めるらしい。すでにこのブロクで書いたとおりである。やめて当たり前だが責任はなくならない。少なくとも全財産をさし出して、補償に当てるべきだろう。会長も辞めるべきである。社長は会長のイエスマンにすぎないのだから。
一瞬にして財産も家族も失って、さらに原発で先祖代々の土地も失ったひとに対して、社長をやめたからと云ってのうのうと過ごす権利はない。もし僕が医療過誤で責任を取らなければならなければ、一人の人でもすべての財産が必要になる。彼が見過ごしてきた原発の事故の責任は決して財産だけではすまない。裁判で個人的な請求をされるべきだと思うのは僕だけであろうか。東電の補償に僕らの税金がつぎ込まれるというのに、彼は財産を失わないなら不自然だろう。普通の人なら自動車事故で人をあやめた場合を想定すればすぐにわかるだろう。この事故には自動車事故のような保険はないのだ。
ついでに能力のない管さんにも辞めてほしいものです。市川房枝さんが生きていたら彼の行動をどう評価するだろうか。あまりにも腰の座らない政治姿勢に憤懣やまぬことであろう。人間の厚みがないというか。薄っぺらなパフォーマンスばかりの政治家にこの国を託したのは間違いであった。こんなときには悪人でも小沢さんの方が良かったのか。でも徳のない政治家ばかりです。

田中弥性園文庫から見た近世大阪の医学

「田中弥性園文庫から見た近世大阪の医学」の講演会に行きました。これは杏雨書屋の講演会でした。豊臣時代からの医学書が伝えられた田中弥性園文庫の話でした。14代当主田中先生の話が良かった。




散り染めし、花を踏み分け、すぎし春

どうもうまくできないな。
散り染めしでは花はいらない気がする。
花を踏み分けの花もいらない気がする。
過ぎし春もくどい気がする。すぎしときも考えたがしっくりとしない。


散り染めし、尋ねし人の、踏みし跡

踏み分けて、心そぞろの、遅き春

花びらに、想いを寄せる、君の春

今年は桜を読まずに終わるようだ。!!


人なくて、陸前高田、桜咲く

ああ悲し、なむあみだぶと、桜声

桜あり、人みなあらずの、つなみ痕

津波来て、桜松のこり、人はなし




岩手県陸前高田市長部地区災害支援報告3
sinsai011.jpg
sinsai012.jpg
sinsai013.jpg
sinsai014.jpg
sinsai015.jpg
関西からは車でしかいけないのに、車では遠いというジレンマがあります。しかし現地の小さな村や町まで道はほとんど通じています。ただ日曜日はいろいろなボランティアが入って移動に時間が取られます。できることなら1週間ほど時間をとってやりたいものです。僕らも日曜日、東北自動車道が20キロ以上渋滞して帰りが大変でした。現地の事情は毎日変化しています。たぶんゴールデンウィークは大変だと思います。道がほとんど単線でしか開かれていません。少しでも横道に入るといろいろなものが散乱してパンクとなります。現在、ガソリンはどこでも手に入ります。


残った1本松、桜まつりと供養法要。

岩手県陸前高田市長部地区災害支援報告2
sinsai006.jpg
sinsai007.jpg
sinsai008.jpg
sinsai009_20110420144011.jpg
sinsai010.jpg

どこも大変で、多くの人が避難しているところでは、生活が大変みたいに思いました。食料などはいっぱいあるのですが、ラーメンやカレーばかりでもううんざりしている感じでした。漁村の人ですから魚を食べたいらしく、刺身が出たときには取り合いだったとか聞きました。支援物資には偏りがあるのです。コーディネーターの吉野さんはその隙間を埋めるはたらきをしておられ、地区の人に絶対的な信頼を持っておられたので、鍼灸マッサージの仕事もしやすかったです。
ボランティア慣れというか、公民館に入っていくと、最初は何しに来たという感じですが、一人二人を治療して「おお楽になった」という言葉が出ると、どんどん治療してほしい患者が増えるということになります。帰るころには「ありがとう、ありがとう、パンを持って行け、バナナはどうか」と言われました。その時には本当に少しでも役に立ったという気分がしました。

総走行距離は2008キロでした。総治療人数135人でした。
沢山の友人、患者さん、業者さんのカンパ支援を受けました。ありがとうございました。

岩手県陸前高田市長部地区災害支援報告1
先週の木曜日夜から月曜日朝まで岩手県陸前高田市長部地区に鍼灸マッサージの災害支援に行ってきました。
見ると聞くとは大違いです。行ってみて初めて知ることばかりでした。sinsai001.jpg

支援隊の自動車と準備
大根こんプロジェクトの援助を受けた
大根こんプロジェクトの拠点、平泉の吉野屋さん
まったくなにもない津波の痕

京都を深夜11時前に出発しました。11時間かけて京都から平泉に移動して、さらに1時間半かけて陸前高田市長部地区に行ってきました。今回の災害支援をコーディネートしていただいた「大根コンプロジェクト」の吉野正子さんは平泉のお菓子屋の奥さんです。彼女のセッテイングによって今回の災害支援は成功しました。本当にお世話になりました。
陸前高田市は言葉に表されないほどの惨状です。私たちは平泉から北上山地を越えて三陸海岸に入ったのです。山間を走ると地震の影響は殆ど無く、ところどころ道路が凸凹しているぐらいです。吉野さんのお話では、陸前高田市に入ると津波が来たとこまでは家がすべて流され、来てないところは被害が殆ど無いということでした。来てみるとまさしくその通りで、矢作川の上流矢作駅の下から線路もなくなり、一面の津波の痕で瓦礫の山でした。矢作川の左岸にそって下って行くとあの有名な一本松が見えてきました。道は一方通行でした。


辞めてほしい東電の社長
昨日の会見を聞いて、どれだけの人が真摯な態度で謝罪していると感じられただろうか。国の根幹を担う企業のトップがこのような自覚のない会見を開いて堂々としている感覚がわからない。政治家もあんな会見では誠意が感じられないからやめろという人がいないのも問題です。人の上に立つ人は自覚が必要なのです。徳のない人はあんなものです。上杉鷹山の伝記を読ましたいものですが、そんな時間はありません。すぐにでも辞めてほしいは東電の社長ですね。

ふんばろう東日本
僕はこの震災以来何か支援できないかと思ってきました。そして義援金もすこしばかりさせていただきましたが、なにかしっくり来ないというか、自分のしたいことができてない思いがますます強くなりました。そこで鍼灸マッサージでもって支援に出かけたいと思いました。僕達の業界でもいろいろな呼びかけがされていますが、実質的な被災者現場での活動はあまり盛んではありません。ふんばろう東日本の記事を読むとテレビに映らない避難所や老人だけの避難生活者などは、物資不足や体調不良を訴えておられるらしいので、そのような見過ごされている方々を少しでも支援したいと思って出かけることにしたのです。何が出来るかわかりません。でも何かできるとおもって900キロを走っていくつもりです。現地でコーディネートしてくださる方がおられ、それが活躍の拠点となります。木曜にでかけ、月曜の朝には帰るつもりです。現地から災害の現状を報告します。


『効かせる鍼灸の技』



『効かせる鍼灸の技ー日中韓の達人に学ぶ』鍼灸osaka100・101号が出版されました。「新しい塩灸とみそ灸の作り方と応用」「誰でも上手になれる鍼の練習器」の二編の論説文を書かせていただきました。


中国文学入門

この本も古本屋の100円コーナーです。訳者が魚返義雄先生だったのでちらっと興味を持ったのです。この先生には全く面識はないのだが、中国語の分野で大変有名な人だった。名前が難しくおがえりと読む。内容がよくまとめられわかりやすかった。また新しく知ることもあった。漢文が出てこない中国文学というのが楽しい。
古本のおまけの興味に先の所有者の落書きがあります。僕はいろいろ書き込んだ本が好きで、このような教科書なら教えている先生の趣味まで分かる気がします。また落書きがあると古本は安いのです。特に大学の図書館の廃棄処分した本などはきれいなのに安いのです。でも大学に本を寄贈した人にはいたたまれない気分だろうね。大学の情報の根底は図書館なのに、本すてる発想がわからない。24時間開いている大学の図書館が無いことでも、日本の学生は勉強しない現れです。


田舎の神事

今日は田舎の神事でした。寒い拝殿で正座して奉仕をさせていただきました。僕が一番下っ端なので、大きな片口でお神酒を注ぐのです。
それからもう一つの社に移って神事がありました。この社には何十年ぶりに行きました。昔は寂しい森の中にあったのですが、今は民家が近くまで迫っています。ここの神事は客分で何もしなくて良かったのです。
朝で行事は終わり、昼からはロケットストーブの材料を買いに行ったのですが、適当なものがありません。3軒もDIYを回りましたが、揃いません。グミを買ってきて植えました。今年の収穫は無理かな。


松本清張

『ペルセポリスから飛鳥へ』。この本は古本屋で100円だったがなかなか面白いのです。歴史書として2つの面を持った本です。
一つは清張さんの飛鳥時代にイラン人が来ていたと言う大胆な仮説です。これは十分根拠のあることで今日の資料を利用すれば、彼なら確実に証明することができたと思われます。
もう一つは彼の意図した目的と異なって、ホメイニ師のイラン革命の動きを生々しく伝えていることです。革命と同時進行のルポルタージュとなっています。
歴史を研究することと歴史を記録することが同時に行われた稀有の本です。初版は昭和54年です。


原発事故終息へ>これはエプリルフールです
花見もしたいですし、仲間と一緒にさけものんでみたいんですが、どこでも自粛ムードですっきりしません。
僕達も何かできないかと思います。僕などはボランテアに参加したいのですが、チャンスがありません。せめて原発事故が終息するという嘘でもいいニュースが流れてこないかと思っています。嘘なのですが、一粒で放射能に勝つことができる薬とか、風船を膨らますように立つ家とか、そんなことができるといいですね。
エプリルフールがエプリルリアルになってほしいものです。

福島の原発事故で、原発の恐ろしさを誰もが味わいました。そしてこの便利と効率の産物が人類に大きな傷を作ってしまったのです。今回の事故と関連してもっと恐ろしいことが近所にあります。それはプルトニウムを使う高速増殖炉もんじゅです。この原子炉は今までの原子炉と根本的に異なっていて、燃料にプルトニウム、冷却水の代わりにナトリウムを使うのです。ナトリウムはすぐに発火する物質ですから炉心がすぐにとけて、ウランより猛毒のプルトニウムが放散されます。これで日本だけでなく世界が終りになります。人類を滅ぼすのはもんじゅと思います。文殊菩薩も大変なところに名前を使われたものです。三人よれば文殊の知恵とか言いますが、100人でも1000人でも愚者(フール)なら文殊菩薩にはおよびません。すぐにでももんじゅの放棄を宣言して欲しいものです。


Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.