犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボローニャ大学の解剖学教室博物館
今回の旅行の目的の一つがこの博物館だった。
anatomy0001.jpg
anatomy0002.jpg
anatomy0003.jpg
anatomy0004.jpg
anatomy0005.jpg
anatomy0006.jpg
anatomy0007.jpg
anatomy0008.jpg
スポンサーサイト

イタリアの食べ物5
itafood0021.jpg
itafood0022.jpg
itafood0023.jpg
itafood0024.jpg
itafood0025.jpg
フレンツェで食べたTボーンステーキ。
<クッテゴラン・ランキング>☆
itafood0026.jpg
itafood0027.jpg

イタリアの食べ物4
itafood0016.jpg
itafood0017.jpg
itafood0018.jpg
itafood0019.jpg
itafood0020.jpg
ボローニャで食べるボロネーゼ。本物。
<クッテゴラン・ランキング>☆

イタリアの食べ物3
itafood0011.jpg
ベネチアのレストラン。イカ墨のリゾットが良かった。
<クッテゴラン・ランキング>☆
itafood0012.jpg
itafood0013.jpg
itafood0014.jpg
イタリアのピザは薄い。やや塩味が強い。
itafood0015.jpg

イタリアの食べ物2
itafood0006.jpg
itafood0007.jpg
itafood0008.jpg
itafood0009.jpg
ここまでが農家のレストラン。
<クッテゴラン・ランキング>☆☆
itafood0010.jpg

イタリアの食べ物1
itafood0001.jpg
itafood0002.jpg
itafood0003.jpg
itafood0004.jpg
itafood0005.jpg
イタリア在住の友人の知りあいの農家のレストラン。すごく良かった。
<クッテゴラン・ランキング>☆☆

帰って来ました。
20090125193525
帰って来ました。ばて気味ですがイタリアは楽しかったです。イタリアは食べ物は本当に美味しかったです。ピサの斜塔の頂上は立っているだけで怖かったです。

近代科学の源流
20090117011231
伊藤俊太郎著中公文庫
この本はすごい内容です。簡単に読めないのですが、新しいことばかりを学ぶことができました。
特に12世紀ルネサンスに至るアラビア科学の影響について基本的な概念を学べました。
でも難しかった。

山は真っ白
20090114080521
比良山は真っ白です。

ワッフルケーキ
20090113181842
20090113181839

ワッフルケーキを頂いた。これは御菓子風でもありケーキ風でもある。

伊勢神宮
20090111211200
20090111211158
20090111211156
20090111211155

午後に伊勢に着くと駐車場が大変だった。いつのまにか駐車料が1500円になっている。伊勢市さんこれはひどいで!!
正宮は人が一杯だった。お参りをして裏に回って荒祭宮にいく。天照坐皇大御神荒御魂(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま) .の荒祭宮では、珍しく人が並んでいた。
神の魂は「和御魂(にぎみたま)」「荒御魂」となって現れる。平常な時には「和御魂(にぎみたま)」として、神の力が荒々しく現れる時には「荒御魂」となって、神の力が発揮されるのである。神道の思想は、穢れの祓いである。穢れが祓われない時には神の怒りが現れるのである。
「荒御魂」は日本人がもつ魂の高ぶりに堪えられないような昂奮がこの神の荒魂に現れているのであろうと思われる。混乱のいまこそこの「荒御魂」が現れなければならない時代なのかも知れない。


初音
20090111124937
20090111124936
初音に行くために亀山で高速をおりた。でもお客が一杯で番号札をもらった。駐車場で待つ。ひつまぶしは以前に比べてすこし味が濃いかった。
<クッテゴラン・ランキング>☆

あけましておめでとうございます。
20090101153222
20090101153221
20090101153220
20090101153219
20090101153218

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。神棚に燈明を上げて、三寶様も飾りました。
仏壇の前で屠蘇と雑煮を頂き、御祝いをしました。
田舎の樹下神社に初詣に行きました。木戸は雪です。牛の像は田舎の神社の天神様と言われている牛です。この牛を撫でると賢くなるという伝説があります。丑年にもってこいです。この牛、可愛いのです。
Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.