犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IKEA
20081014001416
神戸のイケアに行く。テーブルのガラスは今日買ったものです。でも安いのです。これでは日本の家具屋はだめになりますね。家具というのは面白い対象物です。誰でも使えるためには普遍性がなければならないが、誰でも個性豊かな生活をしたいので個性的な好みのものを選びたいという相反する法則によって成りたっています。普遍性と個性という中で商品を提供するのですから、選択肢が多いほど良いわけです。しかしあまりにも多くの商品では顧客は選ぶのが難しくなるし、単品ばかりでは個性的ですが、もう少し広いのものが欲しいとか、もう少し小さいと良いのにというのことになって、結局選べなくなってしまう。この店はテーブルなら天板と脚部分が別々に選べるとか、キャビネットならドアも棚板も色も組み合わせで選べるというシステムを取っています。これなら基本は同じで、組み合わせによって自分の個性が満足されるということで普遍性と個性の摺り合わせをしているのです。なおすべての商品が自分で運び、家まで自分で持ち帰り、自分で組みたてるというセルフサービスを基本としています。買い物袋までお金がいります。これについては次回に行った時に述べましょう。
スポンサーサイト

中国仏教の戒疤と灸
中国仏教の戒疤と灸
戒疤とは、中国の武術映画によく見る僧侶の頭の灸痕である。『少林寺』など武術映画ではすべての僧侶に灸痕を描いて、その痕があることが僧侶の証明であるように表現されている。

syorinn001.jpg
syorinn002.jpg
syorinn003.jpg
これは現代でも行われている韓国の曹渓宗の戒疤。たぶん日本人ではただ一人の授戒者、比叡山のある阿闍梨さんの腕。
syorinn004.jpg
これは捨身供養した指。指を燃やして仏に供養する。
これらの白黒写真は1930年代のもの。
12日に研究発表した資料。
Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.