犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ浅利炒め
20081029122653

タイの調味料を使った浅蜊の炒めもの。
スポンサーサイト

かしわ椎茸ねぎ炒め
20081028121655

ちょっと味が濃いかった。

寒くなったので粕汁です。
20081027181305

かす汁、韓国海苔。鮭がアトランチックサーモンだったので脂がつよい感じです。

蒔絵
20081027083730
20081027083729
昨日は天気予報が全く外れて雨でした。山に行きたかったのですが、予定を変更して京都国立博物館に蒔絵を見に行きました。Japanが日本を表すと同時に漆を表すのは日本の大切な文化なのですね。最近の食器は安易なプラスチック製品や安価な陶磁器ばかりで残念です。
余談になりますが日本を英語でジャパンと言うのは中国語から来ているのですね。現代中国語ならジーベン、カントン語ならヤップンです。これがなまってハポンとかヤポンになったのです。
<ミッテゴラン・ランキング>☆

韓国の農民画
20081025212059
韓国の農民画、秋の風景を飾る。

鶏ザーサイ炒め、ジャガイモマーガリン
20081023122123
鶏ザーサイ炒めパクチーも入っています。ポテトは茹でてから焼いたのです。

☆ 西厳寺蔵橘資料☆ 古写経断簡集成☆ 小川貫弌先生著作集のDVDを作った
20081023094031
20081023094030
20081023094025

☆ 西厳寺蔵橘資料
大谷探険隊収集の未公開資料、発掘から100年、
このたび初めて公開。
橘瑞超師から小川貫弌先生に贈られた文書類。
☆ 古写経断簡集成
小川貫弌先生収集の奈良平安の古写経断簡、中国敦煌写経類、
宋元明版の印刷経典断簡など貴重なものばかり。
☆ 小川貫弌先生著作集
今日知られる限りの全著作。
全集と呼べるものです。

☆小川貫弌先生三周忌にあわせて
仏縁ある龍谷大学東洋史学
仏教史学の門下生による
DVD-ROM二枚組による記念出版。

発行者:小川貫弌先生蔵貴重書研究会 代表 小田義久
著作権者:西厳寺 小川徳水
編集者:猪飼祥夫 大木彰 橘堂晃一
発行年月日:2008年9月29日
連絡先:西厳寺
504-0802岐阜県各務原市蘇原持田町二丁目135-1
0583-82-7328
頒価:10,500(税込)
DVD-ROM:windowsで再生可能
☆入手御希望の方は以下のところで引きうけます。

亜東書店 E-MAIL : order@ato-shoten.co.jp

朋友書店 E-MAIL : hoyubook@mbox.kyoto-inet.or.jp

<ミッテゴラン・ランキング>☆☆☆

鯛と黄にらの粥
20081022123151

ひさしぶり黄にらがあって鯛のお粥をつくる。つけ合わせはチンゲンサイとままかりの味醂干し。ザーサイです。

ワンタン麻婆ナス
20081021123848

ワンタンは豚ミンチ、ねぎ、土生姜で作った。マーボー茄子はいつも通り。

北斉漫画の医者と頭灸

hari081019.jpg
北斉漫画に見る脉診。患者は頭に瘤ができている。
zukou081019.jpg
頭の灸、頭香と言っている。先にUPした戒疤と関係するか?

游游の絵
yuuyuu08101701.jpg
孫が書いた游游の絵。游游の表情が上手く描かれている。

IKEA
20081014001416
神戸のイケアに行く。テーブルのガラスは今日買ったものです。でも安いのです。これでは日本の家具屋はだめになりますね。家具というのは面白い対象物です。誰でも使えるためには普遍性がなければならないが、誰でも個性豊かな生活をしたいので個性的な好みのものを選びたいという相反する法則によって成りたっています。普遍性と個性という中で商品を提供するのですから、選択肢が多いほど良いわけです。しかしあまりにも多くの商品では顧客は選ぶのが難しくなるし、単品ばかりでは個性的ですが、もう少し広いのものが欲しいとか、もう少し小さいと良いのにというのことになって、結局選べなくなってしまう。この店はテーブルなら天板と脚部分が別々に選べるとか、キャビネットならドアも棚板も色も組み合わせで選べるというシステムを取っています。これなら基本は同じで、組み合わせによって自分の個性が満足されるということで普遍性と個性の摺り合わせをしているのです。なおすべての商品が自分で運び、家まで自分で持ち帰り、自分で組みたてるというセルフサービスを基本としています。買い物袋までお金がいります。これについては次回に行った時に述べましょう。

中国仏教の戒疤と灸
中国仏教の戒疤と灸
戒疤とは、中国の武術映画によく見る僧侶の頭の灸痕である。『少林寺』など武術映画ではすべての僧侶に灸痕を描いて、その痕があることが僧侶の証明であるように表現されている。

syorinn001.jpg
syorinn002.jpg
syorinn003.jpg
これは現代でも行われている韓国の曹渓宗の戒疤。たぶん日本人ではただ一人の授戒者、比叡山のある阿闍梨さんの腕。
syorinn004.jpg
これは捨身供養した指。指を燃やして仏に供養する。
これらの白黒写真は1930年代のもの。
12日に研究発表した資料。

旭川の藤屋の花かぼちゃ
20080715161647.jpg
あの藤屋さんの花かぼちゃがなくなるという連絡です。おみ内の連絡に拠ると、来年でお店が閉まるのだとか。
なんとかならないのですか。
ああ名品は隠れて伝説のものとなるのであろうか!!
旭川に近い人はすぐに買いに行こう。

久しぶりにタイカレー
20081007155554

タイカレーを作る。人參が多かったので甘かった。

ふたばの豆もち
20081003223546
20081003223544
出町のふたばの豆もち。これ最近メジャーになって伊右衛門のノベリィティーグッズになっています。所詮、番茶の駄菓子程度のものですが、いやに美味い。餅が塩味なのがいいのですね。
<クッテゴラン・ランキング>☆

唾石の本物
20081003222844
20081003222840
今回は面白いものを見せます。
唾石です。これは唾液腺に溜まった石です。胆石や腎臓結石と同じようなものです。患者さんが持って来てくれました。米粒よりやや大きかったのです。普通これほどになると手術しますが患者さんはピンセットで引っ張り出したようです。以前この患者さんから僕自身が取り出したものは尖った砂のようなものでした。別の患者さんの唾石は親指ぐらいで、ずいぶん腫れました。この方は手術になりました。
Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.