犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説を読みました。
20080802130517
この小説は、精神病院の風景が描かれています。若い頃ならこの描写に感動したでしょうが、感受性が鈍くなって印象が自分のものにならないのです。サガンの悲しみよこんにちはのようなさわやかさがあるのだろうと思われた。
スポンサーサイト
Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.