犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都国立博物館
200801211256372
20080121125637

八千代に行く前に京都国立博物館にいく。憧れのヨーロッパ陶磁は日本や中国の影響下にヨーロッパ磁器が発展するようすがわかった。<ミッテゴラン・ランキング>☆
また平常展示で新春特別陳列をしていた。社寺伝来の名刀は刀の興味のある人には、いいかも知れない。
仏師清水隆慶の展覧にドクロがありこれにツボが彫られていたので興味があった。その副題に老いらくのてんごうとあり、てんごうという言葉がもう使われなくなった京言葉であるのに気付くまで少し時間がかかった。家の田舎ではてんごと言って、うが付かない発音であるが、ワガママもしくはいたずらの意味である。<ミッテゴラン・ランキング>☆☆
若冲の小特集もあったが、これは申しわけ程度であった。<ミッテゴラン・ランキング>☆
スポンサーサイト

前夜の食事
僕が久しぶり作った鴨ロース<クッテゴラン・ランキング>☆
200801211131272

すこしだめだった家の毛蟹<クッテゴラン・ランキング>★
20080121113127

美味しい清水の特級マグロ<クッテゴラン・ランキング>☆
200801211131262

清水からきた美味しいつぶ貝。<クッテゴラン・ランキング>☆☆☆
20080121113126



南禅寺の八千代
CIMG0003.jpg
CIMG0005.jpg
CIMG0007.jpg
CIMG0009.jpg
CIMG0010.jpg
CIMG0011.jpg
CIMG0012.jpg
CIMG0013.jpg
CIMG0014.jpg

静岡の友人夫妻と南禅寺の八千代に食事に行く。味つけは美味しかった。ただ全体的に最近の京料理は味が濃くなっているように思えた。玉子豆腐のわんだねの汁がそうであったので・・。
筍の煮物の海老芋の味つけが非常に良かった。枡盛りの茹で海老に雲丹が挟んであって新しい味わいに感じた。おつくりの鯛が天然物であったのがさすが美味しいと思って満足した。鰆の西京焼きの牛蒡のつけ合わせもちょっぴり漬け物風でよかった。とくに担当の仲居さんのサービスが一番良かった。客あしらいが自然で会話も楽しく、本当に仕事を楽しんでいる風で、僕達みんなが感心してしまった。京都の料亭の仲居さんというといいお茶わんや調度品を持って帰られないかと監視するようで嫌みな人が多いのですが、この担当さんはいい人でした。
その後南禅寺と永観堂にも行くが寒かった。さすが観光客も少ない。
游游おじさんさん<ミッテゴラン・ランキング>☆☆<クッテゴラン・ランキング>☆
Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.