犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドへの道8
200704300037074
200704300037072
20070430003707
五百羅漢、牡丹、尾道駅
スポンサーサイト

インドへの道7
200704300036272
20070430003627
20070430003626
尾道大橋、浄土寺、

インドへの道6
200704292151014
200704292151012
20070429215101
本陣跡、蓮華寺、恋の水

インドへの道5
200704292149204
200704292149202
20070429214920
福山市松永の一番寿司

インドへの道4
200704292051584
200704292051582
20070429205158
今伊勢宮に詣る>ここは内宮と外宮がある。階段が高いのでつかれた。平安時代に平の末次が伊勢から持ってきた石が落ちついたところという。

インドへの道2
200704292051464
200704292051462
20070429205146
福山市の広島県立歴史博物館「中世からのメッセージ」>700円は高い。内容はつまらない。
このあと西町で大きなゴチック風の教会をみる。面白い。

インドへの道3
200704292050572
20070429205057
20070429205056
鶴の群生地です

インドへの道
20070429091527
久しぶり1年ぶりにインドへの巡礼にでる。今日は広島の福山市からである。

藤原道長
20070427131838
栄華の跡

京都の寿司屋さん
20070427131147
京都の寿司屋さんは少し甘味のしゃりです。きし鮓さん。ランチメニューはお得。

若筍
20070426174752
わかたけに添える木の芽や春の音

西山の筍をいただいた。中華風豚筍丼、筍ワカメスープ、木の芽和え

お昼賄い
20070417203930
お昼賄いご飯

ミホ美術館
200704152219282
20070415221928
『中国・山東省の仏像』をみる。佛像の印象はすでに中国の考古雑誌で見ているのでそうは深くなかった。もうひとつの小さき美についての展示が良かった。ミホ美術館の枝垂れはちょうど満開であった。
朝は田舎の作業で山にいたが、自然の中にいてひさしぶりの空気を吸った気がした。でも最近はひのきの花粉症にやられているので洟はじるじるである。


京都近代美術館・泉屋博古館
200704131947046
200704131947044
200704131947042
20070413194704

美術館で宝石のデザインをみる。19世紀から20世紀にかけてヨーロッパのデザインにアジア趣味が深く影響している事を知ることができる。
美術館のテラスで散り行く桜をアシスタントのM嬢とながめていた。疎水を静かに散った花びらが流れていく。
泉屋博古館に言って近代の陶芸を見る。あまり僕自身は印象が薄かった。博古館の前の桜は白い桜で、この桜はいつもいい散り方をする。清々しい白色である。



最後の桜
20070411191146
200704111911452
20070411191145
仏光寺の桜

マーボー豆腐
20070404200941
お昼賄いご飯

高瀬川の桜
200704010056066
200704010056064
200704010056062
20070401005606
京阪五条駅から診療所に帰ってくる途中で高瀬川沿いを歩いた。桜が3分咲きであまり人もいなくて綺麗だった。


ロールキャベツ
20070401005500
阿倍野のグリルまるよし。創業60年の老舗。
Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.