犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩御飯
20060527185716
桜エビ
スポンサーサイト

満開
20060525075456



孫の夏服
20060523231821
家内作の孫の夏服。これを着てハワイに行くらしい。

大原の新伝説>神さまの祟り。
Sさんの話。
5月4日は大原のE神社の祭礼だった。Sさんは今年は氏子の役員を務められている。4日の朝、宮司とその息子とSさんと3人で祭礼の用意をされていたらしい。そのとき宮司が気分悪くなり、顔色が尋常でなくなったのでSさんは、すぐに救急車を呼ぼうと言ったのだが、息子さんはいつものことですからといって、宮司さんを家に連れて帰って休ませた。祭は榊で祝詞無しでやっておくようにとの話であったらしい。
氏子総代さんの間で、宮司がいないなら祭を止めようと言う意見も出たらしいのだが、結局祭礼は行われた。祭礼が行われ、巡幸になって御旅所から出て、大原市場という場所でおねりが行われていると、突然神輿の上の擬宝珠が転げおちてきて、担ぎ手の頭に当たって大怪我になった。出血がひどく4針も縫う怪我であったという。擬宝珠などはそう墜ちるものではないし、そんな話は聞いたことがない。そうこうして祭礼は終わり、宮司さんの息子さんが家に帰り、寝ている宮司さんを呼びに行くと既に息が絶えていたという。その後はまた大騒ぎになったという。
この祭礼にはすでに5月の1日から既に不吉な徴候があったらしい。この神社の最大の支援者である工務店の社長が1日に亡くなった。この人は厚志家で神輿の装束を作りなおして奉納したような人だったらしい。いつも祭礼にはトラックを提供して神輿の巡幸に使っていたらしい。そのために神輿を載せる前にトラックをおはらいをしなければと言っていたらしいのだが、それも不完全だったらしく、不浄なまま神輿を載せてしまったらしい。そんなこんなでこのような事故が続いたのかもしれないとSさんは言う。最後に、神さんはこわいなあ、と歎息されていた。
現代人は、神の力をすでに信じなくなって久しい。しかしなにかことがあると、神は自らの意思を現すものらしい。



伯父の十三回忌
20060522081516
田舎の伯父の十三回忌に行った。
すでに、仏教者にもこれらの行事がなにに由来するのか知られていない。燉煌文書「閻羅王授記経」や近世の宝巻「玉暦至宝抄」などから、この追善の法要は中国の親孝行に由来していると思われる。


晩御飯
20060520230629
いわしのチーズ巻きにサルサソース。アスパラガスのとりミンチに梅ソース。茹で餃子。


龍谷大学大宮図書館改修記念特別展

晩御飯
20060519225751
家内が玉ねぎを三〇分以上もかけて炒めて作ったビーフシチュー、本物の味です。

居酒屋いっこん
20060518081812
昨夜、居酒屋いっこんに友人夫婦と行った。何を食べても美味しいです。また日本酒好きにはたまらないほど種類が充実しています。お薦めですよ。場所は御池通の小川、電話は251*1533です。

北京故宮博物院展
20060514203342
出品物の内容は、今二だった。


老香港酒家
200605141921194

皮付き焼き豚
200605141921192

排骨いため。
20060514192119

麺はタマゴ麺。

游游とちゅんちゅん
20060514103910
游游はちゅんちゅんが好きなのですが、頭に乗られると逃げ惑っています。今日は游游ねいさんがお出かけなのでちゅんちゅんが来ています。

游游
20060514095109
朝の散歩、近所の曼陀羅公園にて。


お昼の賄いご飯
20060510140312

韓国冷めん


お昼の賄いご飯
20060509120611
福山ラーメンと頂いた富山の鱒寿司

失敗の料理
200605080027434

酢豚
200605080027432

豆ブタ炒め
20060508002743

豆腐たけのこタマゴスープ。
今日はまったくの失敗料理だった。味か揃わない。


インドへの道6
200605062007078
200605062007076

7:00福山駅前着、雨に濡れたのと疲れのために駅前のサウナに入る。
200605062007074

6:10明神町交叉点、雨が強くなってきた。
200605062007072
20060506200707

5:13大門駅前。

インドへの道5
200605062004278
200605062004276

4:52広島県へ。地神(ぢしん)の碑と金比羅詣りの燈篭があり、そこにいたお婆さんに意味を聞く。地神は土地の神さまである。村に幾つかあり、何軒かが守っているらしい。ここの神さまにはしめ縄が捲いてあった。
(参考資料>地神解説)

http://inakawalker.ciao.jp/chugoku/archives/2004/09/post.html

http://www.art-g.co.jp/bingo/bingo8/bunka/bingo41.htm

200605062004274

4:30二号線をあるく。疲れ気味。マドモワゼル(コーヒーショップ)用之江。福山まで二時間以上かかるといわれる。
200605062004272



インドへの道4
200605061519176

3:15笠岡駅前

インドへの道3
200605061343248

1:36里庄駅前。
200605061343246

1:25里庄歴史民俗資料館前。閉館だった。館の前に仁科芳雄の銅像。サイクロトロンを作った人。小川郷太郎の銅像。鉄道の専門家。
200605061343244

1:14備南武道振興会里庄武道館前
200605061343242

12:32鴨方駅前
20060506134324

12:07宮迫、地神、金比羅の燈篭「金奉燈」

インドへの道2
200605061131098
200605061131096
200605061131094

11:10金光教本部。

200605061131092

10:56金光歴史民俗資料館前発。図書館で地図をコピーしてもらう。民俗資料は大したものはない。

20060506113109
10:04川尻橋(武川)



インドへの道1
200605061128138

9:45地神宮(冨田)
200605061128136

9:40道越島地線改修祈念碑金比羅の燈篭
200605061128134

9:30霞川
200605061128132

9:22BP大師通
20060506112813
8:32新倉敷着



鎮守の祭り
20060505063734
今日は田舎の鎮守の祭りです。大津市木戸(旧地名、滋賀県滋賀郡志賀町木戸)。僕はお祭りの交通整理に出ました。

ガラス細工>8
20060504210511

新しい作品を作る。


自家で中華料理
200605032002236

アスパラガスとセロリと小海老いため
200605032002234

鱸のレモンソース
200605032002232


きぬさやいため
20060503200223

ブタ三枚肉椎茸煮込み

久しぶり中華料理を作る。
Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.