犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海の旧市街の商店
CIMG2758.jpg

田鰻と上海蟹


CIMG2759.jpg

生麩の店


CIMG2760.jpg

八百屋さん

CIMG2767.jpg

生きている蛙
中国人は蛙をよく食べる。

CIMG2762.jpg

鮒鯉草魚白蓮など

CIMG2761.jpg

湯圓。元肖節の食べ物。

CIMG2763.jpg



CIMG2764.jpg

肉の煮こごり他。

CIMG2765.jpg

鶏の干物。

CIMG2768.jpg

八宝飯、ケーキ団子、小豆宝飯、


CIMG2769.jpg

煙草屋さん

CIMG2770.jpg


果物やさん
CIMG2771.jpg

豆、種など乾物を売っていたおじさん。

上海の伝統食材
CIMG2751.jpg

あんずなど木の実

CIMG2740.jpg

塩漬けの魚。

CIMG2741.jpg

太刀魚の塩漬け

CIMG2745.jpg



CIMG2746.jpg

腸詰め


CIMG2750.jpg

CIMG2751.jpg

CIMG2739.jpg

火腿(ハム)、豚の陰茎など。


上海中医薬大学の博物館
CIMG2705.jpg

資料室

CIMG2704.jpg

脈診の模型

中国の食べ物1


春餅屋さん。

CIMG2717.jpg

雪菜は上海の名物おつけもの。美味しい。

CIMG2728.jpg


蟹黄湯包。蟹の蒸しマントウ。
CIMG2731.jpg


シャオロンポウ。

CIMG2722.jpg

蝦仁鮮肉ワンタン

CIMG2734.jpg

上海生煎饅頭

CIMG2719.jpg

大麦粥

CIMG2737.jpg

泰康食品公司の調理場。南京路にあるお店で二階で食べられる。

農民画の狗
CIMG2868.jpg

狗を描いた農民画。中国の絵画では、農民画という一分野があり、山水画ばかりではありません。色遣いがすばらしいのです。写真はすこし暗く写っています。

上海の正月風景
CIMG2777.jpg

CIMG2774.jpg


CIMG2776.jpg


中国のお正月は旧正月です。ランタンや金のなる木、それにお祝いものをつるすなど、紅色が歓びの色になります。

大過狗年
中国の狗年ポスター
CIMG2874.jpg


関空
20060203175707
上海にお出かけ。


お好み焼き
20060203121505
大津西武楓の木

ヒトはなぜヒトを食べたか。生態人類学から見た文化の起源
20060202142104

『ヒトはなぜヒトを食べたか。生態人類学から見た文化の起源』マーヴィン・ハリス著、先に食人風習を研究したときに読み出した本。後半が残っていたがやっと読み終えた。この本は翻訳表題から受ける印象より内容がずっと深い。
原題の"Cannibols and Kings:The orijin of culture"のほうが内容を説明している。現代の食習慣の起源を知るためにも、また社会の基本構造を知るためにも大きなヒントになる本だった。



焼きめし黄色きつね>昼ご飯
20060202123311

焼きめしには、古典的な紅生姜が付き、ソースが出てくる。黄色きつねは、きつねにきいろの中華そばの麺がはいる麺類。これは作る店が少なくなった。藤井大丸裏のやまのやにて。やまのやは古典的な京のうどんやさん。

鮭天ぷらなめこ汁
20060201123605
昼まかない。チリ産サーモン焼き、天ぷら、なめこ汁(自家製)、すぐき、モンゴル塩。

Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.