犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S・G先生の思いで
先生はなかなかシャイな紳士だった。何気ない仕草に大人(たいじん)の風貌を表され、本当に医学の徒として、僕には理想像を見るようであった。
ある時、「病草紙」の江戸時代の寫本を見せていただいたことがあった。さりげなく鞄から取り出され、顏にはもうコレクター特有のほほえみをたたえられて、「どうですか」と意見を求められた。当方にはそのような価値がわからないことは十分承知で、おもむろに広げてくださったのだった。そしてそのコレクションが僕にもわかる程度すばらしいものでありながら、「あまりたいした物ではありませんよ」と静かに話された。そして、僕一人に見せてすぐにまた鞄にしまわれた。それが悋気からでなく、いかにも自己満足できるものを手に入れた歓びにすこし恥ずかしさが混ざった感情であったと思う。
藤波鑑の研究で日本医史学会から奨励賞をもらわれたときには、その研究論文が誰の目にもすばらしいばかりでなく、藤波鑑の業績を明らかにされた先生の視点に感嘆したものであった。藤波による癌がウイルスに関係する業績を丁寧に掘り起こされ、そしてその藤波のウイルスが東ヨーロッパのハンガリーの研究所に残っていたなど、まるで推理小説を読むような面白みがあった。先生に読者としての感想を述べると本当に喜んでいただけたのが昨日のように思い出される。
また先生は当方の田舎に別荘を持たれていて、ときどき僕が田舎にいると呼んでくださった。そこでお茶をいただいて、医学史談義を聞くのが歓びだった。別荘に居られるときの先生は本当に好々爺で、夏の日をゆっくりと家族で過ごされていた。ときに何か調べものの話になって、わからないとそのことがよほど気になるのか、家に帰られてまた調べ直され、はがきでお知らせいただいたこともあった。
もう静かな口調で「どうですか」という言葉を聞けなくなって本当に寂しい。先生を失うことは僕にとっての残念さだけでなく、医学史研究全体の損失に思うのは私だけであろうか。

舊憶S・G老師坐談   先生との話を懐かしむ

樂事盡妙術       仕事は楽しく上手
丹房滿青嚢       家には本がいっぱい
坐談醫不朽       話は医学のすばらしさ
口訣養生方       教えは生き方の術

平成十八年立春

スポンサーサイト

牡蛎豆腐鍋
20060131205107
昼のまかない。牡蛎豆腐揚げ豆腐菊菜。
Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.