犬を眺めて人生を考えるおじさんブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近京都の珍現象。浴衣を着て歩いているのは中国人ばかり。これ日中友好なの!?

舞子体験が中国人に伝染した。
スポンサーサイト

新年快楽!!
bg_right.jpg
もうすぐ春節です。

1800年前の戸籍と手紙
koseki.jpg

明日の日本医史学会関西支部の大会発表が昨夜3時半になってできた。眠い。本当に眠い!!
近日は約1800年前の戸籍を研究していた。日本の卑弥呼よりまだ前の時代である。この戸籍、病気のために税金(労働奉仕)を免除してもらった記述があった。今日的に言えば障害者控除ということになるのだろう。1800年前の個人情報を公開した僕は個人情報保護法に抵触するのだろうか?うむ?
tegami.jpg

これは手紙である。親孝行な人だったみたいだが、どうも妻に逃げられたらしい。いつの時代も活きていくのは難しいと言うことだろうか。研究発表の内容は、田舎にも薬を管理する役人がいたという論説である。手紙文の内容はおおむね以下の通りである。


「日頃御無沙汰しております。樵の母に前日お会いしたところ、昨日は怠りなくお薬をすべてお飲み下さったとか。『論語』の爲政篇に親孝行は親の病気を心配するという話のとおりです。
往來が断絶しておりますが、頗る差(なおっ)ていると言うことを聞きました。また米がここにあります。そちらに有るかどうかわかりませんが。」

「たしかに、私はまた来てこれを見ております。ここに言葉が無かったですが、明日に□して、すべてまたおしらせします。□を聞いて、□婦はすでに出ていきました。子どもを□するように努力します。道に外れたことをしてはなりません。力をあわせて□の恩を作ります。藥曹はまた□を。私はまた兄弟(手足)となって、許されたのは十月中ごろです。病気では有りませんので、父をはじめ府県の人々に見ていただけます。」

「父にお渡しするつもりでしたが、中ごろにはいまだ出しておりません。十月廿二日□□」

□は文字が読めないか、不明のものである。これらは紙が一般的になる以前の木簡類である。

上海の食事3
CIMG2849.jpg

タニシとキュウリ

CIMG2852.jpg

冬瓜のスープと焼きそば

CIMG2856.jpg

ワタリガニ
CIMG2857.jpg

チャーハン
CIMG2859.jpg

KF嬢の誕生パーティー。ホテルのルームサービスで取った。案外美味しいかった。

上海の食事2
CIMG2836.jpg

CIMG2837.jpg

CIMG2839.jpg

CIMG2841.jpg

CIMG2842.jpg

CIMG2838.jpg


上海の静安寺
CIMG2834.jpg

CIMG2832.jpg

CIMG2830.jpg

CIMG2829.jpg

CIMG2828.jpg


上海の食べ物
CIMG2792.jpg

CIMG2793.jpg

CIMG2794.jpg

CIMG2797.jpg

CIMG2799.jpg

CIMG2801.jpg

CIMG2803.jpg


上海の旧市街の商店
CIMG2758.jpg

田鰻と上海蟹


CIMG2759.jpg

生麩の店


CIMG2760.jpg

八百屋さん

CIMG2767.jpg

生きている蛙
中国人は蛙をよく食べる。

CIMG2762.jpg

鮒鯉草魚白蓮など

CIMG2761.jpg

湯圓。元肖節の食べ物。

CIMG2763.jpg



CIMG2764.jpg

肉の煮こごり他。

CIMG2765.jpg

鶏の干物。

CIMG2768.jpg

八宝飯、ケーキ団子、小豆宝飯、


CIMG2769.jpg

煙草屋さん

CIMG2770.jpg


果物やさん
CIMG2771.jpg

豆、種など乾物を売っていたおじさん。

上海の伝統食材
CIMG2751.jpg

あんずなど木の実

CIMG2740.jpg

塩漬けの魚。

CIMG2741.jpg

太刀魚の塩漬け

CIMG2745.jpg



CIMG2746.jpg

腸詰め


CIMG2750.jpg

CIMG2751.jpg

CIMG2739.jpg

火腿(ハム)、豚の陰茎など。


中国の食べ物1


春餅屋さん。

CIMG2717.jpg

雪菜は上海の名物おつけもの。美味しい。

CIMG2728.jpg


蟹黄湯包。蟹の蒸しマントウ。
CIMG2731.jpg


シャオロンポウ。

CIMG2722.jpg

蝦仁鮮肉ワンタン

CIMG2734.jpg

上海生煎饅頭

CIMG2719.jpg

大麦粥

CIMG2737.jpg

泰康食品公司の調理場。南京路にあるお店で二階で食べられる。

上海の正月風景
CIMG2777.jpg

CIMG2774.jpg


CIMG2776.jpg


中国のお正月は旧正月です。ランタンや金のなる木、それにお祝いものをつるすなど、紅色が歓びの色になります。

中国人は烏龍茶を飲まない話
20060118183904

古い友人のNさんの話。Nさん最近旦那の研究のためにアメリカに付いて出かけられた。旦那のボスは中国人で、彼等にパーティーでお抹茶を振る舞ったらしい。しかしかれらはどうも好かなかったようだと言っていた。そのとき中国人のボスに烏龍茶は中国人は飲まないといわれて不思議だったと言う。そのことを尋ねられた。そうなんです一般の中国人は烏龍茶を飲まないのですと説明した。烏龍茶は特殊な茶で中国のある地方でしか飲まれなかったのです。福建省と台湾、それに広東省の東の方の潮州地方しか飲まないお茶だったのです。一般中国人の7割は、緑茶を飲むのです。この緑茶の代表が龍井茶です。緑茶は日本の緑茶とは作り方が違う。最近は日本の影響で烏龍茶のペットボトルが出て、みんなが烏龍茶を飲む傾向が出てきたのです。詳しくは中国の民俗の茶のページへ。


Copyright © 游游おじさん. all rights reserved.